【同じ時間でもここまで違う?】会員制ラウンジと他業種バイトの比較!!

ナイトワーク豆知識

スタンプを送信するだけでOK!簡単LINE応募ボタン

会員制ラウンジ求人|即日体入 日払いバイト 高収入情報ならラウンジリサーチ

今回は会員制ラウンジと他業種のアルバイトととの比較をしていこうと思います。世間一般から見ると夜職のイメージが強い会員制ラウンジですが、他業種のアルバイトと比べて実際はどうなのか徹底解説していきます。

追加してスタンプ送信で最新の店舗情報や体入情報を確認できます!

ナイトワークに関するご相談もすぐに対応します↓

 

 

コンビニはどうだろう?

まず、アルバイトと言えば全国どこでも、どのエリアでも数多く点在するコンビニバイトを考える人は少なくないと思います。

応募に対して特別な資格などは必要なく、学生から主婦の方まで幅広く働け、家の近所に必ずと言っていいほど点在している為、非常に人気のアルバイトの一つです。実は私も初めてアルバイトをしたのは某コンビニで初バイトをしてました。

多様な商品だけでなく近年は様々なサービスにも対応して、多彩で便利な総合商店となっているコンビニ。今や私たちの生活には欠かせない存在となっているそんなコンビニは23区内には5000店舗近くのコンビニが存在し、平均時給は1100円(10時~22時)1500円(22時~5時)となっております。

働ける時間をあらかじめ店長やお店の責任者の方に伝えシフトが出るというのが最も多い働き方で自分の都合に合わせて働くことができるのも魅力の一つなのかも知れません。ただしお店によって個人差があったりしますが、急な欠員が出たりしてシフト通りに100%ということの方が珍しいです。

手軽に始められるものの時代とともにコンビニも変化をしてきており作業内容もデジタル化が進んでおり、覚えるのに少し時間がかかる傾向が近年増えてきているのが現状です。

さらに23区内の店舗はコロナの影響によって店舗数の増減が激しく、働いていた店舗が閉店し、一時的に職を失うといったことや近くのコンビニに移ろる方も多くおられます。

とはいえアルバイトを初めてするならコンビニといった考えはいまだに根強いです。

居酒屋は?

次にアルバイトの定番居酒屋です。居酒屋というと学生が多いイメージを持つ方もいるかと思いますが、意外にもそうでもなく、Wワークで働いている方も多くおられます。

お酒を提供する居酒屋ですが、こちらも23区内に5000件ほど存在してます。コロナの影響もあり時短での営業を余儀なくされています。しかし居酒屋でアルバイトが人気の要因は、まかないがついてくるという所に魅力を感じ応募される方が多くおられます。お店のメニューに載っていない食事がバイト上がりに食べることができ、一人暮らしの学生や食費を浮かせたい方にはもってこいのアルバイトとなっております。

そんな23区内の居酒屋の平均時給は1100円(17時~22時)1300円(22時以降)となっております。居酒屋の場合店舗によって営業時間が大きく違う為、時給も前後していきますのでご了承ください。

コンビニと一緒で特別な資格は全く必要なく、やる気があれば誰でもできるアルバイトの一つとなっておりますが、コンビニよりも接客する機会が圧倒的に多く、接客業として一通りのマナー、作法等を学ぶ事ができます。

またお酒を提供する居酒屋では、ごく稀にお客様からお酒を貰えたりと思いがけないボーナスがあったりします。

 

BARはどうなの?

 

次にBARでのアルバイトをご紹介します。お洒落なイメージが強い人気のアルバイトですが、一言にBARと言っても様々な種類があり、会員制の本格的なオーセンティックBARやお客さんともワイワイ飲むBARからガールズBARと幅も広くあります。

BARの人気な理由として、時給が他業種と比べ高く非常に人気な理由となっております。またBARでアルバイトをしていると店舗にもよりますが時給が5000円を超えるお店もあったりします。

23区内に、3000店舗ほど点在してます。さらにその多くは繫華街(六本木・新宿・銀座等)に多く地域性によってはお金持ちと知り合いになり、人生が変わる方も多くおられます。

また女性限定のガールズBARは未経験者にとって夜職の入口と言われるように緩く働くこともでき非常に人気のアルバイトとなっております。

 

会員制ラウンジはどうなの?

 

次に会員制ラウンジでのアルバイトについてご紹介させていただきます。

前回のギャラ飲みと会員ラウンジにも書かさせていただきましたが会員制ラウンジは私服で働くことができ、元は会員制レストランBARが会員制とうたって集客し、それをキャバクラにも応用させたことが発祥と言われております。

会員制ラウンジの多くは西麻布・六本木・恵比寿・銀座9割を占めており、都内に40店舗も存在しません。特に西麻布・六本木は激戦区となっております。ここはBARと同じです。

何故会員制ラウンジが爆発的に人気があるのかというと、ノルマペナルティーを廃止し、お酒・タバコの火を付ける等の接客をしなくてよい私服で働けWワークしやすい環境を追及した究極のナイトワークとなっており爆発的人気となっております。

西日本東京近郊の繫華街を中心にママがいるスナックもラウンジと呼ばれていますが、会員制ラウンジはそれとは全く別と認識した方がいいです。

では実際お給料がどれくらいなのか調査してきました。

店舗によって異なりますが会員制ラウンジの平均時給は5000円となっており、かなり高時給で働けるアルバイトとなっております。

非常に人気のアルバイトとなっておりますが合格するには非常にシンプルで、会員制ラウンジの場合は容姿・スタイルが全てです。接客業でもトップクラスに容姿重視の業種の一つとなっており、容姿・スタイルに自信がある方にはオススメ!

また会員制ラウンジは、上記のアルバイトと違う点があり深夜に終わる関係上送りが存在し、自宅周辺又は近隣駅等まで送ってくれるシステムがあり会員制ラウンジ一本で生計を立てている人よりもOLさんの割合が非常に多いのも特徴の一つです。

また近年では店舗に専用シェフを雇っている会員制ラウンジも存在し、待機中にお食事を振る舞ってくれる店舗が出てきており、高級ホテルさながらの料理が働きながら食べれるといった最高の環境で働けます。

まとめ

 

今回は会員制ラウンジと他業種の人気アルバイトとの比較を調査し、改めて感じたことは、効率よく働くにはやはりベースとなる時給をいかに高い所で働くかということに尽きます。

例えば、コンビニや居酒屋で8時間労働したと仮定します。

1300×8=10400

日給にすると1万円オーバーが限界になってきます。

しかし会員制ラウンジの場合4時間労働すると

5000×4=20000

半分の時間でお給料が倍近く稼げる計算になりかなり効率の良いアルバイトとなっているのは一目瞭然だと思います。

自分磨きを頑張ってあなたも会員制ラウンジで働いてみてはいかがでしょうか。

追加してスタンプ送信で最新の店舗情報や体入情報を確認できます!

ナイトワークに関するご相談もすぐに対応します↓

 

戻る
タイトルとURLをコピーしました