会員制ラウンジ、キャバクラのメリット、デメリットとは!?

ナイトワーク豆知識

スタンプを送信するだけでOK!簡単LINE応募ボタン

会員制ラウンジ求人|即日体入 日払いバイト 高収入情報ならラウンジリサーチ

 

 

ナイトワークにおいてよく比較される「会員制ラウンジ」と「キャバクラ」ですが、それぞれの長所や短所があります。

自分がどんなスタイルで働きたいか、どんな目標を持ってナイトワークに足を踏み出すのかをしっかり理解したうえで希望業種を考えた方が良い環境で働く近道になります。

今回はラウンジとキャバクラそれぞれの『メリット』『デメリット』をピックアップしてご紹介していこうと思いいます。

特に業界未経験の女性はお店選びの参考にして頂けると幸いです!

 

追加してスタンプ送信で最新の店舗情報や体入情報を確認できます!

ナイトワークに関するご相談もすぐに対応します↓

 

 

 

 

 

会員制ラウンジのメリット

ラウンジの最大のメリットはノルマやペナルティーが一切無くプレッシャーを感じずに働けるという点です。

学生さんのアルバイトやOLさんの副業として近年では様々な層の女性に浸透している高収入バイトと言えます。

また、ここ数年で「六本木」「西麻布」「恵比寿」のメインエリアの店舗数も増え、「銀座」「青山」「赤坂」エリアにも数を増やしておりバリエーションが増えています。

そんな会員制ラウンジのメリットをまとめていきます。

●ノルマやペナルティーが一切無し(一部店舗を除く)

●自由な私服で勤務できる(店舗により規定あり)

●週の出勤日数の制限無し(基本週1提出のシフト制)

●遅刻や欠勤の罰金も一切無し(一部店舗を除く)

●タバコに火を付ける、お酒を作るなどの接待行為が必要無い(店舗のより)

●ヘアーメイクの必要無し

●保証期間が無く、基本時給が永久保証

●高額バック多数

●会員制で顧客管理がしっかりされている

などなど長所を挙げるとかなりの数になり、現代の人気ナイトワークの理由がはっきりとわかります!

 

 

 

会員制ラウンジのデメリット

ラウンジにはデメリットが無い」そう言われ続けてきましたが、人気が故に露呈してきた短所も多少は出てきている事実があります。

多くの女性に働く環境としては良いかもしれませんが、希望する働き方や女性のタイプによってはラウンジスタイルが合わない事もありますので、以下のデメリットに目を通して店舗選択の参考にして頂けると嬉しいです。

●採用基準が高く、ビジュアル面の審査が辛い

●面接応募数が多く、倍率が高い

●出勤調整かかる確率が高い

●多く出勤できないお店が多い(人により、店により)

●時給が出にくい(お店による)

●ナイトワークの経験や実績があまり加味されない

●比較的飲み席が多い

●若い客層も多く来店される

このようにマイナス面に関してはほとんどが採用基準に関する事ですが、他の業種に比べても面接応募者がかなり多いので入店しても、生き残りが大変という現実問題があります。

しかし会員制ラウンジの中にも比較的採用基準が緩いお店や採用率が高い店舗もありますので、ご安心ください。

採用基準が緩い登録制ラウンジはこちら

ナイトワーク職種別の働き方はこちら

 

 

LINE追加でラウンジの採用基準や募集状況の相談にも対応しています↓

写真面接も行っております

 

 

 

 

キャバクラのメリット

店舗数も一番多く、ナイトワークの根幹と言える業種のキャバクラは今では色々なタイプの店舗に派生しており、高級店〜大衆店まで多く存在します。

時代の流れもあってキャストシステムや服装なども変わってきており、それぞれの店舗独自の経営方針があります。

一般的なアルバイトで稼げる金額を1/3の時間で稼げる」とも言われるナイトワークのパイアニアとも言えるキャバクラの情報を業界未経験の方でもわかるようにご紹介できたらと思います。

今回は比較的スタンダードなキャバクラを例として「メリット」「デメリット」をご紹介していきたいと思います。

●基本時給が高い

●有名キャバ嬢と一緒に働く事ができる

●綺麗なドレス着用、ヘアメイクをしてもらい勤務できる

●成果報酬がお給料に直結する

●服装やメイク技術などがあがる

●普段簡単に出会えないお客様と出会える

●基本的にどこのエリアにもお店がある

などなどお昼や一般のアルバイトに比べると稼ぎやすさが違ったり、周りの女の子を参考にして女子力アップにも繋がります。

今ではカジュアルに働けるキャバクラや、Wワークや学生向けのお店など色々なコンセプトをもったお店がありますので選択肢の幅もかなり広がっていると言えます。

銀座のキャバクラ一覧はこちら

六本木大手グループの高時給保証キャバクラ

 

 

 

キャバクラのデメリット

お店の経営方針やコンセプトによって長所、短所は変わってきますが、ここでは実際にキャバクラ勤務経験者からの実際にあった意見を元にデメリットになりえる事をご紹介していきます。

●お客様と連絡のやり取りこまめにしないといけない

●面接時の契約出勤日数が固定になる(お店により)

●ドレスやミニワンピなどの衣装を用意しないといけない

●ヘアーメイク代がお給料から引かれる

●アフターなどお客様との付き合いが多い

●店によってノルマやペナルティがある

●お給料システムが「ポイント制」「給率制」などが多い

などなどが挙げられますが、上記の例はあくまで女性によってデメリットになりうる事をご紹介しておりますので人によってはデメリットにならない事もあります。

 

 

 

 

お店選びはどうしたら良いの?

今では東京都内ナイトワークだけでも様々な業種が乱立しておりますので、いざ自分にあった職種、店舗を探すとなると、なにを重視してお店を選んだら良いかわからなくなる事が多いと思います。

特に業界未経験の女性は期待と不安が大きいと思います。

そこで、「ラウンジ」と「キャバクラ」それぞれの特徴を踏まえた上で、どのような女性がどの業種に向いているかを簡単に仕分けしたいと思います。

 

ラウンジに向いている女性

●週の出勤日数が少ない女性

●給与面より働きやすさを求めている

●私服で働きたい

●ナイトワークで働いている事がバレてはいけない

●ルックスに自信がある

●営業メールや積極営業をしたくない

●Wワークで働きたい

 

キャバクラに向いている女性

●とにかく稼ぎたい

●有名になりたい

●ナイトワーク一本で働きたい

●接客が得意または学びたい

●人脈を積極的に広げたい

●女子力を上げたい、勉強したい

●売上や、誘客に自信がある

 

 

まとめ

今回は会員制ラウンジとキャバクラのメリットデメリットを比較してご紹介しましたがあくまで一つの例ですので、全てを鵜呑みにしてはいけません

そもそも女性それぞれの環境や希望によって、メリット、デメリットは変わってきますので一番大事なのは今自分が希望している条件で何を最初に重視するのか、またゆずれない条件は何なのかをハッキリさせる事が必要です。

 

 

ラウンジ、キャバクラへの面接や体入はメール問い合わせまたはLINE追加から簡単に応募できます!

その他「終電上がり」「全額日払い」が可能なお仕事も随時更新中♪

お店選びや、希望条件を加味したうえで最適な店舗をピックアップします。

無料簡単応募でナイトワーク全般に関する相談も対応してます!

また、「LINEアカウント」をクリック追加して頂けると、ギャラ飲み、会員制ラウンジ、キャバクラ、クラブの新店舗情報や最新の体入情報をタイムラインで見る事ができます。

スタンプ送信だけでもOK

戻る
タイトルとURLをコピーしました