2021年最新ナイトワークの働き方を業種別に紹介!

ナイトワーク豆知識

会員制ラウンジ求人|即日体入 日払いバイト 高収入情報ならラウンジリサーチ

 

 

近年は水商売と位置づけされるナイトワークの中にも様々な業種が出てきており、女性の働き方やお給料システムなど多種多様となっております。

「夜のお仕事で稼ぎたいけど、どの業種が自分に合っているかわからない・・・」

「簡単に聞いた事はあるけど実際のところどうなの?」

そのような疑問も解決できるようなそれぞれの業種についての詳細を今回はご紹介させて頂きます。

業界完全未経験の女性でもなるべくイメージしやすいように記載しておりますが、さらに細かい質問やご相談があれば専任エージェントが迅速に対応致しますので気軽にお問い合わせください。

 

 

 

会員制ラウンジとは

会員制ラウンジは2010年頃に西麻布を発症とし、今では六本木、恵比寿、銀座、青山など幅広いエリアに広まっている新しい店舗形態をとる業種になります。

西日本や東北ではママさんのいるスナックのような店舗形態の事をラウンジと称する事が多いですが、近年東京周辺ではラウンジとは新しい働き方のできる「会員制ラウンジ」の事を指します。

実際に会員制ラウンジの内容を項目別に深堀りしてご紹介していこうと思います。

 

1.これまでにない新しい形の運営方法
キャバクラや高級クラブは勤務している女性の事を「キャスト」「ホステス」と称し、完全な従業員として雇用してるの対し、会員制ラウンジは女性もお客様と同じ会員様という位置づけになります。
したがって、お酒を作ったり、タバコに日をつけるなどの接待行為が一切必要ありません。
また、登録制のお店も多く従来のナイトワークに比べても出勤のハードルや接客の要求がありません。
(現在会員制ラウンジの店舗数は増加してきておりますので、店舗ごとに営業方針は変わります)
シフトについて
完全自由出勤を可能にしているお店も一部ありますが、8〜9割の店舗は一週間ごとにシフトを調整していますので、週ごとに自分の予定を調整することができます。
また、基本的に出勤日数の縛りが無いお店がほとんどですので週1〜出勤や月に数回の出勤など不定期なシフト提出にも対応しています。
さらにキャバクラや高級クラブとは違い、当日欠勤や遅刻などに対しても一切ペナルティーがありませんので、Wワークの女性や学生さんでも心に余裕をもって勤務する事が可能です。
(店舗によってはある程度まとまった出勤日数がある方が高評価に繋がる場合もあります。)
お給料について
会員制ラウンジのお給料システムで最も多く採用されている例が「時給制+バック」になります。
基本的に時給は永久保証になり、成績の良し悪しに関わらず設定時給が保証されます。
また、バック面もその他業種に比べても充実している店舗が多く「同伴」「本指名」「場内指名」「ドリンクバック」「小計バック」「ボトルバック」「フードバック」など各店舗によって決められた豊富な各種バックで稼ぐ事も可能です。
キャバクラのように「売上スライド制」や「ポイントスライド制」を採用しておりませんので、バックそれぞれに報酬金額が振り分けられており、獲得しましたらお支払いという流れになります。
また、会員制ラウンジ特有のシートバック制を採用しているお店もありますので、より自由な環境で働きたい方にはオススメです。
さらに働いたその日に全額お給料が貰える「全額日払い」を実施しているラウンジもありますので、気になる方はチェック!
ノルマやペナルティーについて
上記でも記述したように遅刻や欠勤に対するペナルティーは一切ありませんが、女性会員の成績や勤務に対数ノルマの一切ありません。
キャバクラや高級クラブと違って毎月のノルマや成績に追われて仕事をしなくても良いので、自分のペスやライフスタイルに合わせてストレス無く淫夢する事が可能です。

キャバクラとは

ナイトワークにおける根幹的な業種で、料金が時間制で発生する接待飲食店になります。

東京だと六本木や新宿歌舞伎町に特に有名店や知名度の高いキャバクラが多く出店しています。

また、一部のキャバクラや銀座のキャバクラ業態の店舗は類似業種としてニュークラブと称されるお店もあります。

内容はほとんど一緒ですが、ニュークラブの定義上「料金設定が高い」「高級クラブに近い」「ボトル制」「ママさんがいる」など店舗によって変わる実情があります。

 

 

料金システムについて
上記にも記述しましたがキャバクラの特徴としてはお客様が支払う基本料金が時間制となっており、ほとんどのお店が60分を1セットとして1セットいくら〜といった料金設定をしています。
集客方法も店舗によってそれぞれですが、「店舗HP」「WEB広告」「案内所」「キャッチ」など会員制ラウンジや高級クラブに比べても多様な集客方法があり、フリーのお客様の入りに期待できるお店になります。
お客様を掴みたい方や、夜のお仕事が未経験の女性は多くの経験値が得られる業種と言えるでしょう。
シフトについて
キャバクラのシフトに関しては3パターンに分かれる事が多く「1週間ごと」「半期ごと」「月単位」になります。
近年はキャバクラも1週間ごとのシフト提出は可能なお店が増えてきていますので、Wワークや副業として考えている女性にも働きやすい環境となっています。
キャバクラは遅刻や欠勤などの勤怠に対してのペナルティを設けているお店がほとんどですが、時代の変化もあり「完全ペナルティ無しのお店」「連絡をすればOKなお店といった寛容な店舗も増加しています。
お給料システムについて
キャバクラのお給料システムは多様で、以下のようなシステムを採用しているお店が多いです。
高級クラブや会員制ラウンジに比べても、どれぐらい頑張ったらどれぐらい時給が上がるのかが可視化しているので頑張り次第では時給を上げやすい業種です。
「給率制」
自分が貰っている給料に対してどれだけお店に貢献できているかを数値化したシステムです。
給率の%次第では他のお店に移籍した方がお給料を貰えたりするので、目安にもなりやすい。
歌舞伎町のキャバクラで採用しているお店が多いです。
例:50万円のお給料を貰って、売上が50万円だったとしたら給率は100%という計算になります。
「ポイントスライド制」
同伴、本指名、場内指名などの成果報酬が全てお店独自のポイント化されており、そのポイント数に応じて時給が決まるシステムです。
ポイントのスライド表はお店独自のものが多いので、優しいシステムor厳しいシステムを見抜く事が大事。
「売上スライド制」
その名の通り、自分の売上金額に応じて時給が決定するシステムです。
売上スライド表はお店それぞれ独自のシステムで、多くのお客様がいなくても太客(一度に多くのお金も使ってくれるお客様)がいるだけで時給が上がりやすかったりする。
ノルマやペナルティーについて
店舗のシステム上、シフトの勤怠に対してのペナルティーはありますが、連続した欠勤や悪質だと感じられる行為が無ければ、振替出勤や許容してくれる事が最近は多いです。
ノルマに関しては高級店でもほとんど無く、高級クラブなどと違いノルマで縛られるというよりは自分の成績がお給料や時給査定に直結するイメージです。
キャバクラは時給の天井がありませんので、女性本人が稼ぎたいと思っているお給料の目標設定がしやすいので、頑張れば頑張る分対価として自分に帰ってきます。

高級クラブとは

東京は銀座、赤坂、大阪は北新地に数が多い高級クラブですが、ラウンジやキャバクラの内容と違う点が多いのでご紹介していきます。

まず完全会員制として営業しており、原則として会員様の紹介が無いとお客様がお店に入店できない場合が多いです。

来店されるお客様は経済エリートの方々や政財界の方などVIPなお客様が多く見られます。

料金形態も特殊で一般的なキャバクラやラウンジに比べると高額な設定料金で、時間制という概念が無いので時間に関してはフリータイムになります。

また、お店の経営を取り仕切る「ママ」が在中しているのも特徴で銀座などではこのママタイトルを目指してホステスを始めている女性も少なくないです。

料金システムについて
キャバクラやラウンジと違って時間制では無いですが、価格設定はかない高額になりますので銀座の高級クラブで入店したと過程しましたら、5万〜6万は最低でもかかります。
高級クラブはキープボトルが無ければ入店時にボトルを入れないと行けないボトル制となっていますので、席料以外にもボトル代がかかってきます。
他の業種ではあまり見られない、売掛や後日精算など現代でも見られるのが特徴です。
シフトについて
一般的に高級クラブは出勤日数の多い女性を重宝したり、積極採用する傾向がありますので最低でも週3〜出勤できる女性が好ましいのですが、近年は時代に合わせて出勤日数の縛りが無くなっている傾向が見受けられます。
これまで水商売一本で働いているホステスが多かったのですが、今では副業感覚で勤務されている女性も多いです。
ホステスのシフト提出も週1単位での調整になっているお店が多いので、高級クラブに対してのハードルは年々下がってきているとも言えます。
給料システムについて
高級クラブは主に日給制となっています。
ラウンジやキャバクラと違って、細々したバックが用意されておりませんので基本的に契約日給+純売上によるボーナスになります。
銀座の9割以上の高級クラブのお給料システムは一緒で、自客の売上のみで小計10万円売上を作ることによって、契約日給が2000円スライドします。
例として
日給3万円契約のホステスが小計30万売上をたてると=日給/36000円になります。
また、お店によってその他報酬として「同伴賞」「売上賞」など用意されている事もあります。
※六本木の高級クラブなどは銀座の高級クラブとは違い、バックシステムを導入している店舗もあります。
ノルマやペナルティーについて
まず欠勤や遅刻に対してのペナルティーに対しての考え方は比較的厳しいです。
高級クラブはお客様の動く時間帯が早いので、基本的に接客できる準備をお店のオープン時間まえでには完璧にしておく必要があります。
また、ノルマに関しても高級クラブは高額な日給で契約する事が多いので仕事内容の中に接客以外で同伴ノルマやアフター付き合いが入ってきます。
同伴ノルマは、自分のお客様以外のお客様でもOKですが平均月に4本で設定される事が多いです。
しかし、最近では特別待遇のような形でノルマ無しや、出勤時間の融通を効かせてくれるクラブも増えてきていますので自分の希望条件を加味して相談してみるのも良いと思います。
係制について
高級クラブは他の業種にはない独自のシステムを導入しており、一度特定のお客様を担当すると「係」になり、原則そのホステスがお店を退店するまでは係を変更できません。
「永久指名制」という表現が分かりやすいかもしれませんが、係に該当するホステスがお店を休んでいる日にお客様が来店した場合もその際の売上は係の売上に計上されます。
高級クラブに移籍を考えている方は、自分のお客様の係となるホステスがいないかどうかを面接の際に確認する必要があります。
せっかく自客を持っているのに、係のホステスが先にお店に在籍していると売上など自分の成績に形状されません。
銀座の有名高級クラブ

ガールズバーとは

ナイトワーク未経験でも気軽にスタートしやすい業種で、接客に自信が無い、抵抗があるという女性でも安心なカウンター越しの接客スタイルの業態になります。

店舗数も東京都内外にかなり数多くの店舗がありますので、通いやすいエリアや自分に都合の良いエリアのお店に応募もしやすいと思います。

現在のコロナ禍において、飲食店が縮小営業を強いられてる中ガールズバーに足を運ぶお客様が増えていることから注目されている業種になります。

集客方法の一つとして、店前にキャストが客引きとして立ったり、ビラを配ったりと様々です。

 

 

料金システムについて
基本的なシステムは会員制ラウンジやキャバクラと一緒で、時間制になりますが、比較的安価でセット時間も短く3〜40分が1セットのお店が多いです。
女性が接客をするナイトワークの中でも最もリーズナブルな事から様々な客層をフリー来店という形で集客しやすい業種となっています。
シフトについて
ガールズバーは出勤日数に対する縛りはほとんど無いので、昼職や学生の方でもスキマ時間で勤務する事が可能です。
しかしキャバクラや高級クラブに比べても営業時間が長いので、一日の稼働時間が長い女性ほど重宝されやすい業種でもあります。
お給料について
お客様のセット料金がリーズナブルな為、基本時給はキャバクラやラウンジに比べても物足りなくなってしまいますが、ガールズバーにはほとんどの店舗に「ドリンクバック」が付いており、数あるバックの中でも獲得しやすいドリンクバックで稼いでる女性がかなり多いです。
カウンター越しでの接客という適度な距離感が好きなお客様が来店されますので、接客のしやすさも考えるとバランスは取れている業種かと思います。
また、営業時間が長い事から物理的に長時間働ける女性は安定した給与をキープしながらより多くのお客様を接客するチャンスがあるのでリピートにも繋がりやすいです。
ノルマやペナルティーについて
ほとんどのお店でノルマやペナルティーはありません。
しかし、ルールを作らないとシフトを守らない女性が増えてしまうという考え方から、システム欠勤に対するペナルティーを付けているお店もありますが、悪質で無ければほとんど取られる事は無いと思って大丈夫だと思います。

まとめ

このように業種別で比べると、それぞれのメリットやデメリットが見えてきますのでどの業種が自分の希望に合っているのか、また環境としてベストなのかを判断しなければいけません。

もちろんそれぞれの業種の中でも店舗別でまた特徴があり、面接に来られる女性によっても提示条件は変わってきます!

店舗選択や面接、体験入店の段取りのご相談はいつでも受け付けていますので、気軽にご連絡ください!

戻る
タイトルとURLをコピーしました