お酒の知識スピリッツ編

今回はお酒のについて記事にしていきます。

今回はスピリッツ編を記事にしていきます。

スピリッツとは?

スピリッツとはビールやワインなどの
アルコール度数の低い醸造酒を火にかけて
蒸留してアルコール度数を高くした
蒸留酒の事です。

世界4大スピリッツと言われている
テキーラ・ジン・ウォッカ・ラムは
カクテルなどにもよく使われており
キャバクラに置いてあることも多いので
覚えておきましょう。

テキーラ

アガベというアロエに似た植物の
球茎部分のピニャと呼ばれる部分を
糖化、発酵、蒸留して造られている
メキシコを原産地とする蒸留酒です。

風味も味も強いのでパイナップルなど
濃い味のもので割るのがオススメです。

アルコール度数は38~40%前後です。

ジン

トウモロコシや大麦麦芽などの穀物を
蒸留してから香味成分として色々な
ボタニカル(草根木皮)を加え、
再蒸留したものです。

スッキリとした味わいが特徴なので
炭酸入りの柑橘系のジュースなどで
割ると良く合うのでオススメです。

アルコール度数は40~50%前後です

ラム

サトウキビから造られている甘い風味の
蒸留酒で、主にカリブ海周辺など
暖かい地域で造られています。

お菓子作りにもよく使われており
レーズンをラムに漬け込んだ
ラムレーズンなどが有名です。
クセが強いのでコーラ割りが合います。

アルコール度数は40%前後です。

ウォッカ

ジャガイモや穀物などを糖化、発酵、蒸留
してから、活性炭で濾過して雑味成分を
取り除いた蒸留酒のことです。

ロシアなど寒い地域で造られています。
香りや味がほぼ無いので
どんな飲み物でも合います。

一般的なアルコール度数は40%前後ですが
90%を超えるものもあります。

キャバクラや会員制ラウンジのラウンジにものお酒がありますが、こちらの上記のお酒定番なので損はないかと思います。